街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2012年6月3日
府中 サントリー武蔵野ビール工場 − 府中の町を散策しながら、ビールと緑を楽しむ
東京都府中市
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、The PREMIUM MALTSの山〜
The PREMIUM MALTSの山〜 -
五月の青空が六月の雨音に飲み込まれてしまいそうな季節、今日は府中市の「サントリー武蔵野ビール工場」へビール製造の見学に出掛けた。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、府中刑務所外壁
府中刑務所外壁 -
すこしお天気が心配だったけれど、晴天とはいえないまでもまぁまぁのそぞろ歩き日和。仲間8人と府中駅に集合して、まずは市街を散策する。ここは府中刑務所、三億円事件の現場を訪ねるところからはじめた。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、下河原線跡地
下河原線跡地 -
府中刑務所を越えて少し歩くと、廃線になった下河原線跡地を利用した緑道がある。緑道を歩きながら、大国魂神社にお参りして、府中競馬場でランチを食べて、サントリーの工場に向かう。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、サントリー武蔵野ビール工場
サントリー武蔵野ビール工場 -
松任谷由美の「中央フリーウェイ」にも謡われたサントリー武蔵野工場。府中街道を多摩川方面に進み、中央高速の立体交差のあたりで右に曲がればすぐのところにある。府中競馬場からも、もちろん中央高速からも見ることができる。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、サントリー武蔵野ビール工場
サントリー武蔵野ビール工場 -
入り口を入ると、大きなガラス面で中を見ることができる建物がある。これが見学コースのメインになっている施設のようだ。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、見学コース入り口
見学コース入り口 -
警備室で案内を受けて、敷地少し奥の入り口を入る。すると、お土産コーナーを併設した見学コースのスタート場所。そこでは大きなSUNTORY The PREMIUM MALTS、略してプレモルのパネルが出迎えてくれた。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、原料の説明-深層天然水-
原料の説明-深層天然水- -
しばらく待つと、我々が予約していた13:30の見学コースがスタートした。まずはビデオでサントリーのビールのあらましを見る。そして次に主原料となる「水」「麦」「ホップ」について説明を受けた。この工場では地下深くの深層天然水でビールを作っているとのこと。そうなるとやっぱり多摩の地酒と言うことになるだろう。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、原料の説明-ダイヤモンド麦-
原料の説明-ダイヤモンド麦- -
次に説明を受けたのは、麦とホップ。麦は希少種のダイヤモンド麦を使い、ホップはチェコの支援農家で栽培された「アロマホップ」を使用しており、ホップは高温に弱いので、厳重な冷蔵管理の下、日本まで輸入しているとのこと。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、仕込みタンク
仕込みタンク -
そしていよいよ製造工程の見学。実際に使われている仕込みタンクを見学できるのだが、今日は残念ながら未稼働。麦の仕込み中は麦の香り、ホップの仕込み中はホップの香りがこの見学ホールにも満ちてくると言う。ぜひその日に見学をしたかった。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、発酵タンク
発酵タンク -
次は発酵工程。仕込み工程で作られた麦のジュースに酵母を加え、このタンクの中で発酵する。すると糖分がアルコールと炭酸になって、「若ビール」になってゆく。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、熟成タンク
熟成タンク -
若ビールは名前のとおりまだまだ若い味わいしかないので、このタンクの中で一定期間熟成され、ビールとしてのうまみを深めてゆくそうだ。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、ろ過器
ろ過器 -
そして最後に酵母などの不要なものをろ過して、「ビール」が完成する。火入れしていないThe PREMIUM MALTSはもちろん「生ビール」である。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、缶詰、箱詰工程
缶詰、箱詰工程 -
ここから先はまさに工場プラント。この日はノンアルコールビールの箱詰めが行われていたが、テレビで見るとおりたくさんの缶が目にも留まらぬ速さで箱詰めされてゆく様子を見せてもらった。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、試飲!!
試飲!! -
正直なことを言うと、ここまでのコースは「枕」と言うことで、待ちに待った試飲!適正飲酒の観点からおかわりは3杯まで。ちょっと残念だけど、作りたての生ビールは何ともうまい!これまでの散策で水分を欲していた身体に、ぐいぐいと吸い込まれてゆく。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、郷土の森公園
郷土の森公園 -
時刻は15時。まだまだ日が高いので、郷土の森を散策することにした。この森は湧水と小川の流れる、多摩でいうところの「ハケ」に位置し、そこに古民家などを移築し懐かしい風景を再現した、豊かな水と緑に囲まれた公園。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、農家の土間にて
農家の土間にて -
長く歩いた道のり、移築された農家の土間で一休み。囲炉裏の炭のにおい、ほの暗い室内、生活したことはないけれど、なんとなく懐かしい空気感を漂わせている。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、豪農の長屋門
豪農の長屋門 -
そんな園内を散策していると、突然の雨。遠雷と共に大粒の雨が木々の葉を揺らす。冷たい雨粒をよけながら、園内のラウンジに雨宿りの軒を求めた。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、ラウンジで雨宿り
ラウンジで雨宿り -
大きなの窓の向こうに見える、五月の新緑の森をしっとりと濡らす雨、少し開いた窓からそよぐ雨に誘われた涼しい風、少し暑かった初夏の夕暮れの雨の風情。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、雨の水辺
雨の水辺 -
そんな雨も30分としないうちに小降りに。乾いていた緑が、雨の潤いを受けてしっとりとしていた。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、雨上がり
雨上がり -
雨も上がったことだし、多摩川の川辺でもふっと歩いてみたくなった。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、多摩川沿いを歩く
多摩川沿いを歩く -
一休みしてスッキリした気持ちで、多摩川の川辺を歩く。雲間からさす夕日と川面を渡る風が心地よい。
府中 サントリー武蔵野ビール工場、東京都府中市、多摩川の夕暮れ
多摩川の夕暮れ -
今日もこうして日が暮れてゆく。今日は仲間たちと中華料理で乾杯する予定だ。