街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2012年5月15日
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り − 手軽に行ける東京の遍路道
東京都青梅市愛宕山即清寺
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、JR青梅線石神前駅
JR青梅線石神前駅 -
今回は、いつも飲んでいる澤乃井さんのホームページで見つけた「山内新四国八十八ヶ所霊場巡り」に出掛けた。ミニチュアの四国八十八箇所巡りは沢山あるのだが、奥多摩の古刹の霊場ということで、なんとなく面白そうな予感がして参加を決めた。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、同行二人
同行二人 -
参加者は30名。そして澤乃井小澤酒造さんからも、社長以下数名の方が同行されていた。主催の青梅商工会議所の方々とボランティアの皆さん含め、概ね40名。中には実際に四国四十八箇所を回られた方もおられ、装備は本格的。弘法大師様と共に遍路を往く意味を込めた「同行二人」の傘が雰囲気を盛り上げる。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、お遍路スタイル
お遍路スタイル -
そのほかの事務局(?)の方やボランティアの皆さんは、法被に遍路の御真言をプリントして、遍路に臨む。我々一般参加者は、思い思いの服装での参加となった。予めサイトに記載されていたのだが、「山内新四国八十八ヶ所霊場」はそれなりにハードなトレッキングコースなので、最低でもスポーツシューズが必要です。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、山内新四国八十八ヶ所入口
山内新四国八十八ヶ所入口 -
集合場所のJR青梅線石神前駅から歩くこと20分。霊場入り口となる「愛宕山即清寺」に到着。立派な看板に迎えられ、気分が盛り上がってきた。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、山内新四国八十八ヶ所入口
山内新四国八十八ヶ所入口 -
さらに江戸時代から伝わる、巨岩に彫られた道しるべが、この霊場の由緒正しきところを現しているようだ。
山内新四国八十八ヶ所霊場:wikipediaの解説
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、霊場巡りの説明
霊場巡りの説明 -
まずは霊場やその成立、昔の隆盛などをお寺の副住職にご説明いただく。こういった説明をいただけるのであれば、しっかり録音しておくべきだったなぁと。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、愛宕山即清寺
愛宕山即清寺 -
愛宕山即清寺の増澤正見副住職から、いろいろなお話をして頂きました。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、愛宕山即清寺の山門
愛宕山即清寺の山門 -
いよいよ即清寺の山門をくぐり、霊場めぐりへ。若い頃はお寺の山門や、神社の鳥居に何の神聖性も感じなかったけれど、日本人が生きてきた大地に思いをはせるようになってはじめて、その霊験を強く感じるようになった。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、愛宕山即清寺の境内
愛宕山即清寺の境内 -
今日は文句のつけようのない快晴!気持ちよく清々しく、霊場めぐりを始める。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、杉木立の間から新宿方面を望む
杉木立の間から新宿方面を望む -
「山内新四国八十八ヶ所霊場巡り」は意外とハードなコース。近くにある高幡不動の八十八ヶ所霊場めぐりとは比べ物にならないくらい、しっかりとした登山ハイキングを楽しめる。霊場めぐりの途中、木立が開けたところから、遠く新宿高層ビル街を望むことができた。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、札所
札所 -
八十八箇所ある札所は、どれも立派な石造り。しかも重機などない江戸時代に作られたものだというから、さらに驚きだ。一箇所一箇所手を合わせつつ、汗をぬぐいながら山を登る。
山内新四国八十八ヶ所霊場一覧:霊場の一覧はこちら
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、札所を回る参加者
札所を回る参加者 -
今回の参加者は小学生、20代の若い方から大先輩の方々まで様々。皆がしっかりと全ての霊場を巡り、ご利益に与かれますように。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、大師堂
大師堂 -
霊場めぐりの途中、皐月の晴天に輝く緑が、まるで後光のように照らすお社を見つけた。弘法大師様を祀る「大師堂」。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、弘法大師坐像
弘法大師坐像 -
扉は閉ざされているが、中を拝見できるということで、大師様の穏やかな笑顔にそっと手を合わせる。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、柚木小唄
柚木小唄 -
何とか八十八箇所を回り、山の頂上に到着。きっとかなりの標高だろう。湧き水で喉を潤し、ボランティアの方が炊いてくださった山菜の煮物で小休止。さらに地元の民謡の生歌を。いやはや、何とも気持ちのよいことか。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、山を下る
山を下る -
登りは斜面ばかり見ていたけれど、下りでは青梅のきれいな景色や多摩川の流れを眺めながら、山歩きを楽しむことができる。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、愛宕神社境内に
愛宕神社境内に -
霊場めぐりの締めくくりは、愛宕神社に参拝。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、奥多摩の町を眺めながら下山
奥多摩の町を眺めながら下山 -
開けた場所から見下ろす奥多摩の町並みは、都内とは思えないくらい長閑な景色。でもここから都心に通う人がいるかと思うと、通勤時間が辛いだろうなぁと思いつつも、うらやましかったりする。
山内新四国八十八ヶ所霊場巡り、東京都青梅市愛宕山即清寺、さぬきうどんで澤乃井を
さぬきうどんで澤乃井を -
今回の霊場めぐりの締めくくりは青梅市柚木の「さぬきうどん」さんで、冷やしうどんのコースメニュー+生ビール&澤乃井で。しかしこの後、蔵元に行ってべろべろになってしまったのでした。そんなことはおいておいて、とにかく気持ちのよい日曜日のトレッキングとなりました。
澤乃井 小澤酒造さん:小澤酒造公式HP