街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2011年09月18日
稚内海鮮めぐり − 稚内に行ったけれど、写真と肴以外に何をした(汗)
北海道稚内市界隈
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、宗谷岬
宗谷岬 -
昨年の夏休みは本州の北端に行ったのだけれど、今年は日本のてっぺん、稚内を目指すことにした。14時30分に稚内に到着して、15時にレンタカーをゲット。まずは宗谷岬を目指す。東京と違ってなんと風が涼しいことか。車の窓を開けていると、エアコンなど要らない。とりあえず記念碑の裏側に立ち、日本本土で一番北に立っている実感(?)を味わった。まぁ実際は、漁師さんがもっと北まで船を出しているんでしょうけれど(笑)。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、大韓航空機撃墜事件祈念碑
大韓航空機撃墜事件祈念碑 -
操作岬の丘に登ると、大韓航空機撃墜事件祈念碑が立っている。今でも領土問題はナーバスな話なんだけど、あの事件が起きた当時は冷戦真っ只中、この辺りは今よりももっと緊張し低他のだろうな。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、氷雪の門
氷雪の門 -
それともう一つ、稚内の市街地の丘に立つ「氷雪の門」は、今はロシア領となっているサハリン(樺太)出身者の望郷の念を表している。この地が国境の町だと認識させられるモニュメントが多い。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内 郷土料理 網元 ホッキ貝刺身
稚内 郷土料理 網元 ホッキ貝刺身 -
さて、写真の後は旅の楽しみ、地元の店で一杯やりに出掛けてみた。1日目は前々から気になっていた、「郷土料理 網元」へ。ソイの刺身を狙っていたけれど、残念ながら時化のせいで水揚げはなく、ホッキ貝の刺身を注文した。いやはや美味いのは当たり前として、このボリューム。食べても食べてもホッキが続きました。
稚内 郷土料理 網元:稚内観光協会
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内 郷土料理 網元 限定酒 男山 最北航路
稚内 郷土料理 網元 限定酒 男山 最北航路 -
一杯目はとりあえずビール!と言ってしまったけれど、ホッキにあわせるなら、日本酒かなと、品書きを物色。稚内には酒蔵はないので、北海道の酒をと思って目に付いたのがこれ。旭川の男山が出している「稚内限定 男山 最北航路」。どう限定なのか分からなかったけれど、普通に呑みやすい酒で、ホッキにもよく合う。なかなか美味かった。
この「網元」さん、マスターもママさんも人柄が朗らかで、気持ちよく飲める店。次に機会があればまた訪ねてみようと思う。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内 北の味心 竹ちゃん 地魚五点盛
稚内 北の味心 竹ちゃん 地魚五点盛 -
次の機会に訪ねた店は、「北の味心 竹ちゃん」。一昨日は貸切で昨日は満席、どうも人気店のようだ。今日も混雑しているし、ホール係のおねーさん達がややパニック気味。時間がかかることを想定して、長持ちする肴を2品。たこのから揚げと地魚五点盛り。やっぱり人気店だけあって、そつのない料理を出す。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内 北の味心 竹ちゃん 本物の子持ちシシャモ
稚内 北の味心 竹ちゃん 本物の子持ちシシャモ -
もう少し飲みたいなと思っていた時、他のお客さんがシシャモを注文した。すると店員さんが、「どっち?」と聞くので、何かと思ったら、この店ではいわゆるシシャモと「本物の」シシャモを出しているらしい。噂に聞くと本物のシシャモは普段食べているシシャモと別物らしい。自分もまねしてオーダーしてみる。見た目は似ているけれど、見慣れた干物とは少し違う。味も似ているが、なんとなく風味が上品で卵も新鮮なように"感じた"。これは酔う前に食べ比べておくべきだったと少し反省。
シシャモについて:Wikipedia シシャモ
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内 味噌ラーメン
稚内 味噌ラーメン -
北海道に来たからには、ラーメンを食べなければならない。そこでまずは宗谷岬でホタテラーメンを食べてみた。これはまぁ観光地のラーメンで、パック旅行の雰囲気作りにはよいのでは?という感じ。町で食べたラーメンはなかなか美味い。味噌の風味が濃厚だが、スープの後味がさっぱりしていて、身体がとても温まる。ただし、残暑の季節に食べるのはちょっとどうかなあ。冬にこの町に来る機会があれば、身体をキンキンに冷やしてから食べてみたい。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、枝幸 道の駅マリーンアイランド岡島 親子丼(鮭&イクラ)
枝幸 道の駅マリーンアイランド岡島 親子丼(鮭&イクラ) -
オホーツクラインをドライブして、そろそろ腹が減ったと思ったら、枝幸で道の駅の看板を見つけた。早速入店して、レストランのメニューを眺めてみる。何があるかなと見ていると、ホッキカレーとかホタテカレーとか、貝類が多い。これらは既に食べたので、今日は価格が手ごろな鮭の親子丼を選んでみた。鮭が枝幸の名物かどうか分からないけれど、まぁまぁ美味い。というか、この鮭フレーク、今まで食べた鮭フレークの中で一番美味かったかもしれない。
道の駅マリーンアイランド岡島:北の道の駅
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、ノシャップ岬 樺太食堂 うに三色丼
ノシャップ岬 樺太食堂 うに三色丼 -
最終日の飛行機は稚内空港15時発。レンタカーを返す時間を見ても、13時半までに空港に行けば十分に間に合う。ちょっと早めの昼食のため、もう一度ノシャップ岬をナビにセット。目的地は樺太食堂。どうもライダー達に評判の店らしい。これでもかとうにを乗せたうに丼は\5,000オーバー。それはちょっと・・・なので、うにのほかにイクラ、カニ、ホタテが乗った三色丼を注文。それでもうにの浜値が高いとの事で、それなりの値段。けれど、ボリュームも美味さも十分。漬けとはいえ、天然のイクラの歯ごたえがなかなかのもの。稚内の最後によいものを食べられました。
樺太食堂:樺太食堂 [unidon.net]
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内港 北防波堤ドーム
稚内港 北防波堤ドーム -
ノシャップ岬から空港に戻る途中、ホテルの窓から見えていた防波堤ドームに立ち寄る。1980年代のアイドルのレコードジャケットに使われそうなシチュエーション。
観光ガイドには必ず掲載されていたスポットだけれど、観光客は誰もいない。まぁドーム状の珍しい形の防波堤、というだけではなかなかお客さんも集まらないだろう。
稚内海鮮めぐり、北海道稚内市界隈、稚内空港 サハリン地ビール
稚内空港 サハリン地ビール -
レンタカーを返して空港に着いたのは13時。少し時間があるので、コーヒーでも飲もうとレストランに行く。コーヒーを頼もうとメニューを開くと、サハリンビールの文字が。今日はもう運転しないから、昼間から一杯。日本のビールより雑実が多い味ながら、醸造の旨みが強いビール。毎日飲むと飽きるだろうが、時折飲むにはなかなかよい。最北の更に北の酒が、この旅の〆になった。遠くに来たわりには、写真撮影と居酒屋巡りしかしていないような・・・(汗)。まぁいいか(笑)。