街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2009年05月23日
川越の「あの店」を訪問 − 何度も出掛けた川越の、話題のあの店・気になるあの店をはしごする。
埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、小江戸川越を散策
小江戸川越を散策 -
2009年上期、朝ドラの舞台となった川越市。小江戸川越と言えば、この辺りで最も名の通った観光地だ。今日は前々から気になっていたあの店と、話題のあの店を訪ねる散歩に出掛けた。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、ラーメン 頑者
ラーメン 頑者 -
この写真だけ見て、「あっ!」と分かる人は相当な通だ。一見何の店か分からないこの店、昨今大変有名になったラーメン店「頑者」。濃厚な魚介スープと自家製の太麺がとても美味しい店だというので、前々から気になっていた。11時半の開店なのに、10時半時点で既に10人以上の行列。炎天下、1時間待ってようやく入店。角切りチャーシューがごろごろ入ったラーメンは並ぶ価値あり。西武線本川越駅の駅前なので、小江戸観光のスタート地点にいかがでしょうか?
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、和菓子の甘玉堂
和菓子の甘玉堂 -
そして今話題のあのお店。NHK朝の連続ドラマ小説「つばさ」の舞台となっている、和菓子の「甘玉堂」、のセット。地元の酒蔵跡地で開かれている物産展のイベントでの展示。多部未華子演じる主人公「玉木つばさ」の実家である。ドラマに出てくる「甘玉」を売っているかなと思ったけれど、展示はセットだけでした。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、80.8MHz ラジオぽてと
80.8MHz ラジオぽてと -
甘玉堂の横に併設されているのは、もうひとつの物語の舞台、「ラジオぽてと」。人間模様の舞台となるこのコミュニティーラジオ局は、閉館した映画館を改装したという設定。そういえば、川越ではスカラ座という古い映画館を今でも守り続けている、という話を聞いたことがある。うまいこと川越という町の雰囲気をドラマに織り込んでいる。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、蔵造りの通りの裏通り
蔵造りの通りの裏通り -
普段は蔵造りの町並みのある通りを歩いてゆくけれど、今日は裏通りの商店街を歩いてみた。実はこちらのほうが町としては栄えている。そんな町の中にもこういった古い建物が散在している。空襲で焼けずに残り、再開発の大津波を生き残った貴重な存在。そんな建物を「つまみ食い」しながら散策するのも楽しい。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、「日本の夏」的町並み
「日本の夏」的町並み -
照りつける日差しとアスファルトの照り返しで、歩きながらにして丸焼きにされてしまいそうな暑さ。古い町屋の家並みが夏の陽炎の向こうに現われると、「日本の夏」というキャッチフレーズを思い出す。里山と田畑の緑に囲まれた藁葺農家と同じように、町には町の夏の風景がある。遠くの山里に出掛けなくても、近くで楽しめるこういう季節の風情もいいものだ。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、金物屋の店先の風鈴
金物屋の店先の風鈴 -
蔵造りの通りに出ると、わんさわんさと観光客が押し寄せてくる。これも連ドラ効果だろうか。町をそよいで抜ける風に、涼やかな青い短冊が踊り、小気味よい鉄の音が響く。小江戸という割には、江戸風鈴ではなくて南部の風鈴を売っている。私は南部鉄の澄んだ音色のほうが好きだ。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、おなじみ「時の鐘」
おなじみ「時の鐘」 -
川越に来たら、とりあえずお約束の「時の鐘」に会いに行く。機械制御の自動時計だけれど、今でもしっかりと時を刻んでいる。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、スカラ座
スカラ座 -
行ったことのない名所が近くにないかと、携帯でネットの地図を検索すると、例のスカラ座が目にとまった。看板は見たことがあるけれど、本物は初めてだ。見た目は「ラジオぽてと」局舎とは全く違うけれど、なんとなくそれらしい雰囲気を漂わせている。こういう地域の文化を守り続けるのはとても大変だと聞く。しかも立地は決してよくはない。このスカラ座を守っている人たちには脱帽だ。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、南欧のイメージ?
南欧のイメージ? -
日差しは強い。スカラ座を通り過ぎると、やけに光を反射する建物があった。古いアパートのようだけれど、小奇麗に塗装されているし、ちょっとおしゃれなオーラを放っている。この日差しも手伝って、南欧の建物のように見えてくる。店の名は「太陽軒」と言うらしい。後で分かったことだが、この建物は国登録の有形文化財なのだそうだ。ちょっと敷居が高そうだけれど、何かの機会に訪ねてみよう。
・・・また気になる店ができてしまった。
川越の「あの店」を訪問、埼玉県川越市 / ラーメン「頑者」、和菓子「甘玉堂」(笑)、菓子屋横丁
菓子屋横丁 -
どうにもこうにも暑いので、どこか避難できるところを探した。そういえば菓子屋横丁には、無料の休憩所もあるし、冷たい物を飲み食いできる店もある。早歩きで大通りを抜けて、菓子屋横丁へ。氷にしようか、それともいっそのことビールでも・・・。青いラムネの幟に心を奪われつつも、「いもラガー」とか「川越地ビール」の張り紙にも誘惑されてしまう。さてこの暑さ、何でしのごうか???
ラーメン「頑者」:有限会社頑者 公式HP
「川越スカラ座」:川越スカラ座 公式HP
NHK朝の連続テレビ小説「つばさ」:連続テレビ小説「つばさ」 公式HP