街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2009年02月15日
オフトーンの花町、神楽坂 − なんとなく出掛けてみた、ちょっと大人の粋な下町、神楽坂。
東京都新宿区神楽坂
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、粋な花町を散策
粋な花町を散策 -
春の陽気が東京を包み込んだ2月の日曜日、料亭やおしゃれな店が軒を連ねる、神楽坂の裏道散策に出掛けた。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、裏路地の料亭
裏路地の料亭 -
大通りを一歩は入ると、うわさに聞こえし風情ある佇まいの石畳の町並みが続く。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、昔ながらの清めの盛り塩
昔ながらの清めの盛り塩 -
古風な町なのだろう、店々の前に盛り塩が備えられている。我が家の近所でも古風な店の前で、同じような様子を見ることがある。そういえば京都の石塀小路や巽橋界隈でも、盛り塩を見たことがあった。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、石畳が続く裏路地
石畳が続く裏路地 -
黒い木塀や石垣など、これぞ料亭と言ったアイテムで路地を固めている。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、庶民派の横丁
庶民派の横丁 -
高級そうな料亭街を歩いていると、ちょっと暗い路地がいくつか口をあけている。そういうところには、なんとなく親近感を感じる、お店が並んでいる。こういう店も恐らくは常連さんの隠れ家なのだろうが、近いうちに夜、暖簾をくぐりに来てみよう。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、駄菓子屋
駄菓子屋 -
神楽坂と飯田橋の間あたり、料亭街と反対側の路地の入り口に、一箇所だけ派手な色に染まる店があった。昔懐かしい駄菓子やおもちゃが並んでいる。明らかに、観光客というか我々のような散歩客の目を引くためのディスプレイだと分かる。でも町の雰囲気からすれば、その存在に違和感はない。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、おしゃれなバー
おしゃれなバー -
そして神楽坂を歩いていて気付いのだが、この町には料亭の数にも負けないくらい、多くのバーがある。やっぱりこの町は昼間に散策するところではない。会社からほんの10分なのだから、近いうちに絶対飲みに来よう。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、裏路地の覇者
裏路地の覇者 -
路地の端々でけっこうな数の猫が昼寝をしている。同じような坂の町の尾道でも、かなりの数の猫を見かけた。そういえば尾道も、神楽坂に似た雰囲気があったなぁ。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、裏路地の水先案内人
裏路地の水先案内人 -
逃げて行く彼の後を追っていったら、アパートの郵便受けの上から、別の猫がこちらを見つめていた。私はこの町の新参者で、彼らはこの町の覇者なのだ。
オフトーンの花町、神楽坂、東京都新宿区神楽坂、梅の花も艶っぽく
梅の花も艶っぽく -
猫を追いかけていたら、再び路地裏の料亭街に迷い込んだ。店の前には梅の花。こういう品のよい色使いができる店の常連さんになるには、一体いくらかかるのだろう。そう考えると、私はやっぱり昼間にしかこの町を歩けないような気もする・・・(汗)