街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2009年01月25日
沖縄 那覇散策 − 赤が印象的な首里城と、なんとなく異国な雰囲気の牧志公設市場を気ままに散歩。
沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、守礼門ライトアップ
守礼門ライトアップ -
久しぶりに家族旅行に出掛けることになり、弟の発案で沖縄へ。
でも、どうもこの旅はタイミングが合わないようで、時期が遅れて年明け早々の旅となった。
さらに当日の飛行機も1時間以上遅れて那覇に到着。初日は首里城だけしか見学できなかった。でも、飛行機の遅れのおかげで(?)、首里城のライトアップが見られたことは、少しラッキーだったかもしれない。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、コミカルなシーサー
コミカルなシーサー -
守礼門を通り抜けて城内に入ると、早速琉球風の建物が並んでいる。ただ、残念なのはこれらの建物は、多くの石垣も含め、最近再建したものであるとのこと。その歴史の事実を思うと、少々悲しい気持ちになる。
でも、このシーサーの表情はどことなくコミカルで楽しげだ。沖縄の人の穏やかで明るい人柄を表しているようだ。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、金の龍をあしらった荘厳な玉座
金の龍をあしらった荘厳な玉座 -
宮城内は展示施設として整備されており、博物館から通しで王の間まで見学できる。深い深い赤に統一された城内は、さながら紫禁城の縮小版といったところだろうか。古の雅を漂わせた、京都御所の紫宸殿とは異なる趣である。
首里城内の展示物は歴史資料が主だったけれど、玉座の龍の彫像はなかなかのもの。「王位」「国家」を大陸や薩摩に演出する為の腐心の跡だろうか。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、首里城ライトアップ
首里城ライトアップ -
見学を一通り終えて出てきた頃のには、日もすっかり暮れて、王宮が美しくライトアップされていた。本当は城全体を広角レンズで捉えたかったのだけれど、残念ながら建物の向かって左側では、大規模な改修工事の最中で、足場やブルーシートが美しさを半減させていた。まぁこれも時の運なので、仕方なく一部だけをキレイに撮影して、本日の見学は終了。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、牧志公設市場
牧志公設市場 -
翌日は「それらしい」沖縄観光として、那覇市の国際通りに面した、「牧志公設市場」に出掛けた。市場の入り口近くの雰囲気は、地方都市に見られる普通の観光市場と似ているけれど、扱っているものが少し違っていた。惣菜店は、見た目ではそれほど特徴はないけれど、やっぱり沖縄料理の「ラフテー」など、豚料理が目立つ。そして揚げ物がけっこう多いように思えた。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、牧志公設市場
牧志公設市場 -
市場の奥に進むと、これぞ南国、的な色とりどりの魚が並べられている。恐らく観光客向けにディスプレイされたものだろう。大きな伊勢えびのような海老が数万円で並べられ、「全国発送可能」と張り出されている。南国の魚の色は派手だと言われるけれど、実際は内地でも似たような種類の魚を見ることはできる。でもやっぱり沖縄でよく食べられる魚はこちらと違うようで、これほどド派手ではないものの、ちょっと珍しい種類の魚が、地元の人用に売られていた。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、牧志公設市場
牧志公設市場 -
この彩りは、観光的な「狙い」だろうか。扱い商品もさることながら、パッケージデザインが独特である。この市場以外にも一般のスーパーも覗いたけれど、なんとなく色彩豊かな包装の商品が多いように思う。
とはいえ、島唐辛子はよいとして、「ハブの粉」などを土産にする人はいるのだろうか。このように陳列された商品だが観光客向けではなく、実際は地元の人用のものなのだろうか。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、牧志公設市場
牧志公設市場 -
市場内をブラブラしていると、ありましたありました!。有名な豚の顔「チラガー」。豚足やミミガー(茹でた豚耳)などは最近東京でも珍しくないけれど、豚さんの顔そのままのチラガーを見ることはない。このチラガーにも煮付けやスモークなどがあるらしく、何種類も並べられていた。そしてもちろん、全国発送OKの黒猫が微笑んでいる。一頭分、つまり、顔そのままでおよそ二千円。土産には適正な価格ですが・・・(汗)。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、平和通り商店街
平和通り商店街 -
公設市場でもちょっと異国な雰囲気を楽しんだけれど、一歩市場を出て隣接する商店街を歩けば、内地の観光地と変わらない雰囲気。日曜日で観光客が多いためか、人口密度が高いためか、このごみごみした空気感は、少し昔の東京の商店街を思い出す。
「海人」シャツって、沖縄のブランドだったんだぁ、と初めて気付いた。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、平和通り商店街
平和通り商店街 -
そして沖縄と言えば泡盛とオリオンビール。泡盛は琉球の文化、オリオンビールは戦後の文化。我々が普段接している空気とは違うところで長く愛されている酒がある。この商店街では、オリオンと泡盛がみやげ物として小奇麗に並べられているけれど、みやげ物になるビールのはしりって、実はオリオンビールなのかもしれない。でも地元の人が普通に飲むビールが、土産になるのは未だにオリオンだけではないだろうか?
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、沖縄三越前
沖縄三越前 -
家族との待ち合わせ時間になったので、国際通り沿いの沖縄三越の前へ行く。三越と言えば(いろいろあったけれど)、百貨店では上位に入る。東京の三越の店先で、おっちゃん達が腰掛けて酒を飲む、なんて風景は想像できない。でもこの地ではそれが普通に見えてしまう。「三越とハロッズと・・・」。いつから日本ってこういう風景が見られない、ヘンにおしゃれな国になってしまったのでしょうか。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、北谷町 ハンビー
北谷町 ハンビー -
那覇からホテルへの帰り道、北谷町のハンビーというフリーマーケットに立ち寄った。弟に言わせれば、フリマの聖地みたいなところらしい。でもその反面、北谷町と言えば米兵がらみの事件も多いところと聞く。マーケットの雰囲気も、どことなく無法地帯のような空気を漂わせていて、私は好きになれなかった。フリー=自由=無軌道ではない。この空気を醸成したことも、沖縄の闇のひとつなのだろう。
沖縄 那覇散策、沖縄県那覇市 / 首里城、牧志公設市場、残波岬 ビーチにて
残波岬 ビーチにて -
旅の最終日、午後イチの飛行機なので、あまり遠出はできない。ホテル前の浜辺を散策。白い砂浜は、数え切れないぐらいのサンゴのカケラで埋め尽くされていた。初めての沖縄、思っていたよりも寒かったけれど、ほのぼのした陽気で、時間がゆっくり流れていて・・・。もしこの地が過酷な戦火を経験していなければ、本当の楽園になっていたかもしれない。