街々そぞろ歩き。
[ そぞろ歩き一覧 ]
■2013年
No.05 2013/11/2
パワースポット..
No.04 2013/9/2
日本の東西南北
No.03 2013/9/2
到達!納沙布岬..
No.02 2013/8/10
真夏のビアツェ..
No.01 2013/1/5
初春の願いを込..
■2012年
No.07 2012/9/10
日本の最西端、..
No.06 2012/7/15
都電荒川線
No.05 2012/6/3
府中 サントリ..
No.04 2012/5/15
山内新四国八十..
No.03 2012/5/15
山内新四国八十..
No.02 2012/1/3
新春に福を願う..
No.01 2012/1/1
初日の出と朝の..
■2011年
No.04 2011/12/29
東京ジャンクカ..
No.03 2011/09/18
稚内海鮮めぐり
No.02 2011/05/03
喜多方ラーメン..
No.01 2011/01/16
東海七福神
■2010年
No.09 2010/11/12
東京の原風景 ..
No.08 2010/09/21
わさび栽培発祥..
No.07 2010/08/21
米軍横田基地友..
No.06 2010/08/14
梅花藻が咲きハ..
No.05 2010/07/31
大阪・京都のぶ..
No.04 2010/07/23
奥飛騨フルコース
No.03 2010/03/14
蔵王温泉
No.02 2010/02/14
旧東京・新東京
No.01 2010/01/07
松山 道後温泉
■2009年
No.08 2009/10/18
京都 伏見界隈
No.07 2009/09/21
観光地 築地市場
No.06 2009/09/20
ぶらり途中下車..
No.05 2009/09/15
能登半島一周の..
No.04 2009/07/21
宮古、遠野へド..
No.03 2009/05/23
川越の「あの店..
No.02 2009/02/15
オフトーンの花..
No.01 2009/01/25
沖縄 那覇散策
■2008年
No.15 2008/11/03
谷中銀座商店街
No.14 2008/10/25
澤乃井 小澤酒..
No.13 2008/10/14
国分寺 真姿の..
No.12 2008/10/13
藪蕎麦御三家
No.11 2008/09/29
河口湖 - テニ..
No.10 2008/09/22
奥多摩 むかし道
No.09 2008/09/13
善光寺界隈
No.08 2008/09/10
熊野三山-那智..
No.07 2008/09/11
紀伊半島 潮岬..
No.06 2008/09/07
峠の宿場町
No.05 2008/08/30
名水・銘酒の里
No.04 2008/08/25
休日、通勤電車..
No.03 2008/08/15
いつもの新宿
No.02 2008/08/03
町の祭礼
No.01 2008/06/14
鎌倉 - 紫陽花..
掲載日 2008年09月13日
善光寺界隈 − JRのポスターに誘われて、電車に乗って善光寺参り。朝からビールの夏休み。
JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、JR小海線 山梨県小淵沢駅
JR小海線 山梨県小淵沢駅 -
一昨日熊野古道から帰ったばかりだが、今日は長野の善光寺へ行くことにした。
今回は車ではなく、電車を選んだ。そぞろ歩きの途中で一杯引っ掛けたいからである。長野には蕎麦や馬刺しなど、気の効いた山の幸もある。そぞろ歩きより、一杯のほうがメインかもしれない。
立川から山梨の小淵沢までは特急「あずさ」、そこでJR小海線に乗り換え、長野県の小諸まで行く。小海線は日本で最も高地を走る鉄道。のどかな高原列車の旅を楽しめる。
清々しさを醸し出すお茶の写真ですが、実際はビールなど片手に、気ままにまるまる一日、鉄道の旅。
緑深い森、高原に広がる畑や牧場、CGで描いたように鮮やかな青い色の空、森の向こうに見える山々、車の旅では見る事のできない風景を眺め続けた2時間。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、長野県小諸市 懐古園
長野県小諸市 懐古園 -
朝一番で立川を出て約5時間。昼前には小諸に到着。
急ぐ旅ではないので、ちょっと寄り道。小諸城址を整備した公園「懐古園」に。平日の青空高い公園、電車で飲んだビールの酔いが、森の清涼な空気に霧散する、贅沢な一時。
緑の森を抜けて、アルコールも抜けた、午後一時過ぎ、小諸駅前の蕎麦屋に入る。ここでもまたビールを頼んでしまった。つまみは「肉じゃが」「もり」、そしてテレビから流れてくる記者クラブ主催の自民党総裁選候補者討論会。候補者の弁に突っ込みを入れる。
たまの休みにこんな遠くまで来て、ダメなオヤジになってしまいました。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、長野県長野市善光寺門前
長野県長野市善光寺門前 -
小諸からは「しなの鉄道」で長野まで約1時間。長閑な田園風景の流れる車窓を想像していたが、実際は少し緑の多い普通の郊外の風景。しかも乗車率は昼間の西武線以上。過剰なローカル風味を期待してはいけないようだ。
長野に到着したのは午後3時頃。駅前は結構な雑踏。遠くへ来た感に欠けるので、込み合う街は通り抜けて、善光寺へ直行。
長野には夏冬問わず何十回と来ているけれど、スキー場と軽井沢以外の長野は、数えるほどしか訪ねたことはない。善光寺も長野オリンピックの翌年、スキーの帰り道に車で通りかかったことはあるが、こうして歩くのは初めてだ。良く来るところの近所と言うだけで、知っている街と錯覚していた。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺門前 土産屋街
善光寺門前 土産屋街 -
暮れ行く斜陽の中、門前町を歩く。今日は金曜のはず。夏休みはとうに終わっているはずだが、観光客でかなり込み合っている。
奈良も京都も鎌倉も、有名な神社仏閣の参道には土産屋が並ぶ。大概の土産屋街にはたいした特徴はない。しかし長野の土産屋は、果物や蕎麦、野沢菜といった地産品を並べている。合わせて、地酒や味噌、おやきも当然ラインアップされている。善光寺に食わせてもらっているというより、一緒に盛り上げているという印象を受けた。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺門前
善光寺門前 -
山門など境内の建物の多くは文化財のはずだ。なのに記念ステッカーがべたべたと貼り付けられている。この手のステッカーに悩まされている観光地のレポートを見たことがある。一見すると貼り付けても許されそうなお札風のデザインのステッカーだけれど、こういう行為は本来は忌避されなくてはならない。
写真を撮る目から見ると、絵作りの良いアクセントになるけれど、これは本来の姿ではない、痛々しい風景である。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺界隈
善光寺界隈 -
今回の善光寺への旅、実は駅に貼り付けられた広告がきっかけである。
JR東日本の「大人の休日倶楽部」のCMで吉永小百合が、善光寺界隈をカメラを提げて散策するポスターを見た。そこには風情のある昭和モダンの家屋が写っていた。善光寺と昭和モダン、それだけで旅心を刺激する。
そんな町を探して、夕暮れの善光寺界隈を散歩してると、参道のすぐ横に古い理髪店を見つけた。今はもう営業していないようだけれど、小奇麗な生活の香りがする。
この建物以外にも、善光寺界隈には意外とモダンな店や家が多い。伝統的な白壁の町並みの中にぽつんと現れる、モダンで粋な暮らし。こういうのって、いいなぁ。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺山門
善光寺山門 -
とりあえず、と言ったらもったいないけれど、界隈目当てで旅に来たとはいえ、核心に触れないわけには行かない。
善光寺の山門から本堂を拝礼。このポジションは古来から有名なビューポイントとの事。山門の梁と柱が景色を四角く切り取り、その中に善光寺の本堂が納まるように設計されている。大きな本堂をより立派に見せるための工夫である。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺本堂
善光寺本堂 -
本堂はかなり大きい。奈良の大仏殿ほどではないけれど、スケールとしてはいい勝負ではないだろうか。
本堂入り口の階段を上ると、体育館ほどもある空間に読経の声とお香の香りが満ちていた。厳かな空気の中、静かな心で手を合わせ、幸せと健康を願う。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺門前 蕎麦屋「大丸」
善光寺門前 蕎麦屋「大丸」 -
さて、今日の昼の目的は達成できたので、夜の目的のための行動に移る。門前の蕎麦屋もよいけれど、地酒で一杯なら駅前の居酒屋だろう。この蕎麦屋は明日の楽しみに取っておいて、今日はこれで下山しよう。
ホテルに行きチェックイン。不要な荷物をベッドに投げ置き、きびすを返して町に出る。地元系の居酒屋を探したけれど、一見が入れそうな暖簾が見当たらない。それを打破するほど、一人飲みの達人でもないので、地方では苦労する。
今夜のオススメメニューのボードに、馬刺しの文字を発見したので、東京にもあるような居酒屋に入る。つまみはもちろん馬刺し、酒は地元の西之門。
この馬刺し、案外うまいでないの。これはラッキー!ちびりちびりと西之門、いつの間にやら3合目。今日はこれくらいで終わりにしておこう。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺門前
善光寺門前 -
宿は格安のビジネスホテル。でも屋上に展望風呂と露天風呂があって、なかなか気持ちよかった。
翌朝、一番風呂を浴びに屋上へ上がると、外は生憎の雨模様。最近出先で雨に祟られることが多いなぁ。空を恨めしく仰いでばかりいても雨がやむわけではない。雨の善光寺も艶っぽいもんだ、と気持ちを切り替えてホテルをチェックアウト。
雨粒を傘でよけながら、今日も善光寺の参道を登る。宿坊の軒沿いに歩いていると、沿道の木々におみくじ(?)が結び付けられている。お寺にもおみくじがあるんだぁ。後で調べたところ、お寺では「お仏籤」と書いて「おみくじ」と読ませるらしい。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺 大勧進から山門を
善光寺 大勧進から山門を -
昨日見つけた「大丸」を覗いてみると、早くも営業を開始している。朝食にはやや遅い時間、でも9時に開く手打ち蕎麦の店は珍しい。朝食は十割を天蕎麦で。そして西之門の生貯。
朝から蕎麦屋で一杯なんてツウだねぇ、なんて心の中でジコマンしても、世間様からはただのダメオヤジにしか見えないだろう。
そんな自堕落な旅の罰だろうか、実はこの大丸、十割よりも更科が有名らしい。もっとホームワークをしてから出掛ければよかった。
店を出る頃、少しだけ雨が弱まっていた。今日は境内を一回りして、そのあとは参道を降りながら界隈を見てまわることにする。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、西之門 よしのや
西之門 よしのや -
横道を歩いていると、青い暖簾の店を見つけた。色褪せているとはいえ、青地に白抜き文字の暖簾は、白壁の宿坊や土蔵が雨にぬれながら立ち並ぶこの一角では、まるで原色のように鮮やかに映る。
「よしのや」は「西之門」を販売する蔵元。
この旅ではとてもお世話になりました。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺表参道
善光寺表参道 -
やぱり雨がひどい。雨宿りの場所を探す。
町の様子が門前町から繁華街に変わる辺り、やけに白い土蔵が群れている一角を見つけた。「ぱてぃお大門」という都市型レストランコンプレックス施設。
これが新宿にあれば、ランチスポットにしたいところだ。
おやきか何かを食べようかと思ったけれど、どの店も開店前。入り口のベンチに腰掛けて、雨粒の落ちてくる空を見上げながら、ケータイで帰りの新幹線の時間を調べる。
昼過ぎに出ても3時ごろには帰宅できる。少し時間をつぶして、もう一杯蕎麦を食べてから帰ろう。
善光寺界隈、JR小海線 / 長野県小諸市〜長野県長野市善光寺、善光寺表参道
善光寺表参道 -
参道の坂を下り、町の様子を眺めながら、あてのない散歩。
11時を過ぎる頃、店も人も動き始めた。早めの昼食は「大善」で蕎麦とおやきを頂いた。麺の水切りがやや不十分かと思うけれど、喉越しの良い美味しい蕎麦だった。店を出ると、数人の行列。ネットでも有名な店のようだ。
雨の善光寺で蕎麦三昧ってのも、なかなかいいもんだ。長野駅から新幹線、途中で軽井沢によろうと思ったけれど、今日はこのまま帰ることにする。軽井沢にはまた出直してこよう。
旅のきっかけ:大人の休日倶楽部
訪ねた町:長野県小諸市
訪ねた所:小諸城址 懐古園
訪ねた所:信州 善光寺
美味い酒:西之門 善光寺吟醸
穴場の宿:長野第一ホテル
蕎麦屋 1:大丸
蕎麦屋 2:大善